闇を恐れて生きてきた少年が、影を操る忍の世界へ足を踏み出す「影繰姫譚」1巻

浦上ユウが電撃マオウ(KADOKAWA)で連載する「影繰姫譚」1巻が、本日2月9日に発売された。

「影繰姫譚」は他人には見えないバケモノのような存在が影の中にうごめいて見える男子・灯下肇が、影の中に潜む少女・朔夜を見つけたことから始まる物語。「もし視えているのならみんな絶対に発狂している」と、バケモノへの恐怖心を押し殺しながら生活をしていた肇は、朔夜と出会ったことで影を操る忍の世界へと足を踏み出す。

(2019/2/9 15:30)