水商売の女性に秘密を告白されたマンガ家は…ハルタに百名哲×冨明仁の合作読み切り

「モキュメンタリーズ」の百名哲が原作を、「ストラヴァガンツァ -異彩の姫-」の冨明仁が作画を手がけたコラボ読み切り「秘密の花園」が、本日5月15日発売のハルタVol.64(KADOKAWA)に掲載されている。

「秘密の花園」は架空のマンガ家・富野が、世話になった友人の誘いを断りきれず、付き合いで“おっぱいパブ”を訪れたことから始まる。富野はそこで出会った女性・アヤから、思わぬ秘密を打ち明けられて……。

なお本日、百名の「モキュメンタリーズ」最終2巻も同時発売に。「モキュメンタリーズ」は架空のマンガ家・百野哲を主人公に、彼が出会った人物にまつわるエピソードをフィクションを交えたドキュメンタリー形式で描く作品。2巻には「自分の描いたマンガが、人を殺したとしたら……どうする?」という問いかけから始まる「有明の月」、あるアイドルグループの解散について描いた「止めろ、メロス」などが収められた。

(2019/5/15 15:13)