「善悪の屑」の渡邊ダイスケが描く殺し屋物語「スフェリコン」新装版で登場

渡邊ダイスケ「スフェリコン」の新装版が、本日8月28日に「外道の歌」最新4巻と同時発売された。

「スフェリコン」は民間軍事会社・PMCの“社員”である殺し屋・ケンとピートを軸としたバイオレンスアクション。ある日、組織のあり方に疑問を抱くようになったケンは、組織からの脱退を宣言して姿をくらます。ピートはケンの失踪に納得がいかず、彼を見つけ出し、連れ戻すことを決意。ピートはその途中で、ケンの娘・ユウキと出会い……。同作は2013年にヤングキング(少年画報社)で連載された。

一方の「外道の歌」は、凶悪犯罪に巻き込まれた被害者やその遺族の無念を晴らすため復讐の代行を請け負う男・カモと、その相棒・トラを描いた物語「善悪の屑」の第2部。ヤングキングにて連載中だ。

(2017/8/28 16:53)

関連作品