ライトノベル「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」TVアニメ化決定

細音啓によるライトノベル「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」のTVアニメ化が発表された。

「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」は高度な科学力を有する帝国の剣士・イスカと、“魔女の国”と畏怖されるネビュリス皇庁の王女・アリスリーゼを軸に描かれるファンタジー。宿敵同士として戦場で出会った2人が、共鳴し惹かれ合いながら、理想の世界を求めて戦っていく。ヤングアニマル(白泉社)にてokamaによるコミカライズも連載中だ。

TVアニメ化は本日10月20日に東京・秋葉原ベルサールで開催された「ファンタジア文庫大感謝祭」のステージイベントで発表されたもの。詳細は続報を待とう。

(2019/10/20 16:09)

関連作品