「装甲騎兵ボトムズ」原寸大のスコープドッグ像が大河原邦男の地元・稲城市に登場

アニメ「装甲騎兵ボトムズ」に登場するスコープドッグのモニュメントが東京・稲城市の公園であるいなぎペアパークに設置された。

本企画は稲城市が地元のメカニックデザイナー・大河原邦男のデザインを感じさせる作品の設置などによって、魅力的な街づくりを推進する市の施策「大河原邦男プロジェクト」の一環。モニュメントはいなぎペアパークのそばにある観光案内施設・いなぎ発信基地ペアテラスのガンダム、シャア専用ザクのモニュメントともに、パークを囲んだ空間にテーマ性を持たせ、誘客につなげることを目的に稲城市観光協会が設置した。大きさは1/1スケール、全高は約4m。去る3月15日の除幕式にて初お披露目された。興味がある人は足を運んでみては。

大河原邦男がメカニックデザインを担当した「装甲騎兵ボトムズ」は、1983年から1984年にかけて放送されたTVアニメを皮切りに、OVAなどで展開されている作品。百年戦争終結間際を舞台にアストラギウス銀河をめぐる巨大な陰謀に巻き込まれていく機甲兵士キリコの戦いを描く。

(c)サンライズ

(2020/3/25 12:31)