「愚かな天使は悪魔と踊る」12巻、八代拓・本渡楓・速水奨でボイスコミック化も

アズマサワヨシ「愚かな天使は悪魔と踊る」12巻が、本日11月27日に発売された。購入特典としてアニメイトではA6メッセージペーパー、メロンブックスではイラストカードが配布されている。

またYouTubeのKADOKAWAオフィシャルチャンネルでは、同作のボイスコミックを公開中。主人公の阿久津雅虎役は八代拓、ヒロインの天音リリー役は本渡楓、城村先生役は速水奨が演じ、部長ほかの役で渕上舞、 広田役と実況で堀井茶渡、谷川ほかの役で広瀬裕也も出演した。

「愚かな天使は悪魔と踊る」は、天使・リリーを堕天させようとする悪魔・阿久津と、とある野望のため阿久津を更生させようとするリリーの関係を描いた異色ラブコメ。12巻と同日発売の電撃マオウ2021年1月号(KADOKAWA)では、最新巻を記念して同作が表紙を飾っている。

(2021/11/27 20:13)

関連作品