新選組の隊士たちが“最強の相手”を語り合う、ヤンマガ新連載「ツワモノガタリ」

細川忠孝の新連載「ツワモノガタリ」が、本日11月29日発売のヤングマガジン53号(講談社)でスタートした。

「センゴク兄弟」などで知られる細川が手がける同作は、新選組の隊士たちが、これまで戦った中で“最強の相手”とは誰かを語り合う物語。新選組屯所に集まった原田左之助、斎藤一、山南敬助、土方歳三、沖田総司は、近藤勇からの提案で「この国において最強の剣客は誰か?」について語り合うことになる。第1話「沖田総司VS.芹沢鴨」では、一番隊組頭の沖田が、芹沢鴨との戦いを振り返る。

(2021/11/29 17:55)

関連作品